Diet
ダイエット

股関節の可動域を広げて歩きやすさ&消費カロリーを上げる「ウォーキング前ストレッチ」

2018年01月12日(金)
  • LINEシェアボタン

股関節の可動域を広げて歩きやすさ&消費カロリーを上げる「ウォーキング前ストレッチ」

歩幅が狭くチョコチョコと歩くのと、大股でテンポよく歩くのとでは、どちらが効果的なウォーキングだと思いますか?正解はみなさんご想像のとおり“大股”で歩くこと。
そうと分かってはいても、「歩幅を広げるのが難しい」という方は、ウォーキングの前に股関節の可動域を広げるストレッチをしてあげるとよいでしょう。

「股関節の可動域を広げる」ことでどうなる?

股関節は、骨格の構造や強靭な靭帯、その周りを取り囲む大きな筋肉のサポートにより非常に安定した関節です。歩行やクロスステップ、サイドステップといった多方向への方向転換が可能な自由な可動域を特徴としているのですが、日頃大きく動かすことが少ないので柔軟性が低下しやすくもあります。

柔軟性を高めてあげることで足の動きが大きくなるのはもちろん、太い動脈・静脈・リンパが流れる部分なので血流などもよくなり、冷えやむくみ対策にも効果を発揮してくれるでしょう。

オススメのストレッチ

ここでは、股関節の可動域を広げて効果的なウォーキングをするための下半身を目指すストレッチを紹介します。



(1)床にひざ立ちになり、手を腰に添える。
(2)右足を大きめに前に踏み出し、左足の甲を寝かせる。
  ※右ひざを曲げたとき90度になるような位置がベスト
(3)息を吸いながら重心を前に移動させて胸を突き出し、両手は天井に向けて伸ばす。
  息を吐きながら(2)の姿勢に戻り、5回ほど繰り返す。
(4)左足を前に踏み出し、反対側も同様におこなう。

いきなりウォーキングを始めるのと、ストレッチをしてから始めるのとでは、足の動かし方も変わってきます。
歩幅を広く、テンポよくウォーキングをするためにも、ぜひストレッチを取り入れてみてくださいね。

高木沙織/ヨガインストラクター

2度の海外留学を経て、航空会社で勤務。退職後は、「まずは自分が試してみる!」という実践美容をモットーに、フットワークの軽さと行動力を生かして、美容ライターとして活動。2016年からはヨガインストラクターの活動も開始。多角的に美容・健康をサポートする。
BLOG:http://ameblo.jp/0293tg/

ページトップ

NEW Diet