CourseGuide
全国旅歩きガイド

【5円玉にカメレオン!?】小江戸川越めぐりコース【埼玉県】

2017年09月12日(火)
  • LINEシェアボタン
こんにちは!このコンテンツでは行った後に誰かにちょっと話したくなるようなスポットを一緒にご紹介できたらと思っています。

今回のスタッフのオススメコース紹介は「小江戸川越めぐりコース」です。

姉妹サイト「歩きんぐくらぶ・1000の道」でも詳しく紹介していますので、
ご興味のある方はぜひ最下部のリンクをチェックしてみてください。

小江戸と呼ばれる昔の面影を残す蔵造りの町並みをめぐりながら、川越の代表的な観光スポットを訪ねるコースです。



川越は江戸の面影が残る蔵造りの町並み、大正時代の風情が漂う大正浪漫夢通り、若者で賑わうクレアモールなど、
川越の様々な顔が見ることができます。

また、川越のシンボル「時の鐘」、「菓子屋横丁」や「喜多院」、「川越城本丸御殿」など、

川越の代表的な観光スポットを回ることができます。

川越のさつまいもを使ったスイーツ等、食べ歩きながら街歩きを楽しむこともできます。

と川越の魅力を一気に見ることができるコースなのです。



スタート地点の本川越駅。
昼ごろに到着したのでいきなり昼食!
というか本川越でどうしても食べたいつけ麺があって、それに合わせてきました。
つけ麺専門の『頑者/がんじゃ』さんです♪

今やいろいろなとこに店舗がありますが学生時代に噂を聞きつけ、
食べに来たときは確かここにしかなかったような・・・
調べてみたらやはりここが本店のようです!

※2017年8月現在、建物老朽化による建て直しのため一時閉店らしいです・・・

平日にも関わらず行列です。

学生のときからずっとこんな感じだったからすごいなぁ。



豚骨魚介スープでまさにつけ麺の王道といった感じですが、
すべてにおいてバランスが良い♪

チャーシューはサイコロのように切ってあって、
スープと麺とチャーシューが同時に味わえるのも美味しいです。

『頑者』さんのつけ麺でお腹を満たしようやくスタート!

蓮馨寺〜蔵造りの町並みポイントへ。



ここはまさに小江戸川越と言われる風景。

お土産屋さんもいっぱいなので、ここで少しお買い物も良いかもです。

そしてそのエリアの中に「時の鐘」!



まさに川越のシンボルですね(^o^)

そして、「菓子屋横丁」♪



駄菓子屋さんなどでいっぱいですがここでは川越の名物を。



紫芋ソフトクリームときっとお土産に持っていったらウケること間違いなしの

「日本一長いふ菓子」



思ってた以上に大きいです。

ただ、ふ菓子なんで軽いんですけど、

ここからコースはまだ半分残ってるし、いかにも観光で来てるっぽいのがわかってしまうので、

少し恥ずかしかったです。笑

ちなみに「菓子屋横丁」は僕が大ファンの『水曜どうでしょう 対決列島甘いもの国取り物語』で
関東対決のあった場所です。「日本一長いふ菓子」も勝負に使用されていました。笑

そして、菓子屋横丁にはタイトルにもある「5円玉にカメレオン」。



……。

謎ではありますがご利益ありそうなので、ついつい撮ってしまう存在感。

食いつかざるを得ない。

なんでカメレオン…カメじゃなくて。

これも良い話のネタになるのではないかと!

「菓子屋横丁」を過ぎてしばらく歩くと「熊野神社」が見えてきます。



スポットには入ってないですが、

室町時代に紀州熊野本宮大社から分祀された開運・縁結びの神社ということで、

お時間があればぜひ寄ってみてください(^o^)

僕が行ったときにはたくさんの風車で囲った入り口がとってもキレイでした!



「川越城本丸御殿」を通り、「喜多院」へ。

「喜多院」でもゆっくり時間をすごしていただくといいと思います。



小江戸蔵里から川越駅へ川越駅へ向かう道はクレアモールという長い商店街を通ります。



若者が集うというだけあって今までと違う雰囲気になります。

コースとしては5キロですが川越のいろんな姿を見ることができるとても楽しいコースでした♪


ご紹介した小江戸川越めぐりコースの詳細はこちら
1000の道を紹介している姉妹サイト「歩きんぐくらぶ」へ
https://alkg.jp/course/C111005

開催地 埼玉県

ページトップ

NEW CourseGuide