CourseGuide
全国旅歩きガイド

柳澤哲の「1000の道」第9回:神奈川県・太閤一夜城と長興寺・史跡のみち(11㎞)

2018年04月11日(水)
  • LINEシェアボタン

五輪選手が実際に歩いた!1000の道ウォーキングコースガイド


ウォーキングのプロである元競歩五輪選手が、実際に1000の道をウォーキング。
実際に歩いたからこそ分かるコースの魅力を皆さんにお伝えします!!

■第9回コース:太閤一夜城と長興寺・史跡のみち

コース概要:神奈川県 小田原市
コース距離:11㎞


▼実際にウォーキングしてみての、コースの楽しみポイント!▼

【コースお楽しみ度】 ★★★☆☆(4月・11月は★プラス1)

○小田原城からの史跡巡り
○海に山に、景色のバリエーションが多い
○色鮮やかなミカン畑から見える相模湾が絶景(11-12月)

こんな方にお勧め!

☑歴史が好き
☑海と山、両方を満喫したい
☑食べ物も楽しみたい

【コースの難易度】 ★★★☆☆

前半の小田原城近辺は平地が多いが、早川駅から箱根方面へ向かう中盤はかなりの坂を登らなければならない。
後半にある長興寺のしだれ桜までの道のりも、なかなかの急坂なので注意

【周辺充実度】 ★★★★☆

小田原城近辺は、食事処・カフェとも充実。
そこから先、一夜城公園まではトイレもカフェもないため、トイレは小田原市内で済ませたい。一夜城公園内にはヨコイヅカファームがあるので、食事もトイレも心配なし

【最寄駅からコースまでのアクセス】 ★★★★☆

小田原駅スタートなので、アクセスは抜群。ゴールも入生田駅なので、電車の本数は
少ないものの特に問題のない範囲

【大人数向け】

道も広く、大人数でわいわいがやがや歩きたい

【安全度】 ★★☆☆☆

車道沿いの歩道や、歩道のない車道を歩くことも…。車通りは少ないが、充分に注意したい

「ペット」可

※ペットの出すものは確実に処理を!

~スタート時~

気象状況 【くもり】
気温 【12度、少し肌寒い】
出発時間 【8:20】
コース歩破時間【およそ2時間15分】
※通常は3時間半程度

小田原駅西口からスタート!



まずは鉄橋の下をくぐり、「青橋」を渡る。


そのまま小田原城の正面へ。


城内をぐるりと周ります。


小田原城を離れても、こんな小川が城下町風情を感じさせます。


さらに歩き続け、バイパスをくぐると海が!


この辺りは、おいしい魚料理が食べれるところばかり。


なんとマンホールにも魚が。こういう発見も面白い。


早川駅を通過して眞福寺へ。


そこから少し行くと、分かりにくいが観音様が顔を出しているのが見える。

▼厄除け魚籃観音



石垣山一夜城に向かう急坂には、絶景のミカン畑(ミカンが見れるのは12月上旬)。


ここで一夜城公園を通過!


峠を越えて一気に下る。途中には綺麗に整えられたお茶畑が!
銀杏の無人販売もありました。



早川を超えると、もう箱根湯本のすぐそば。

長興山しだれ桜への最後の上り坂を上ります。
12月上旬までは紅葉が楽しめて、おすすめ。


■ウォーキング後の感想



途中、早川駅ではコース変更があったため、長興山のしだれ桜はMAPよりまだ先になります。ご注意を。

消費カロリーは795カロリーとなっているものの、坂道の上り下りの多さを考えると1.2倍にはなっていそうな印象。
急な上り坂が延々と続いていたかと思うと、下り坂も急なので、実際の距離よりも長く感じるコースでした。
ただ一夜城公園までの急坂のミカン畑・景色は非常に美しく、みかんの時期が外れてしまっても坂からの眺望は登る価値あり!

コースとしては早川駅を抜けてから更に楽しむことのできる内容となっています。

※この記事は2016年12月に歩いた内容を記載しています。

ご紹介した「太閤一夜城と長興寺・史跡のみち(11㎞)【神奈川県 小田原市】」の詳細はこちら

▼1000の道を紹介している姉妹サイト「歩きんぐくらぶ」へ▼
https://alkg.jp/course/C114006


柳澤 哲

2000年 シドニー五輪代表20㎞競歩日本代表。
2001年 世界陸上エドモントン大会では20㎞競歩にて日本人初の7位入賞を果たす。
2002年 アジア大会釜山にて銅メダル。
2000年から2012年まで、13年間20㎞競歩日本記録保持者。
選手引退後は、各自治体や企業にて一般の方へのトレーニング・ウォーキング指導。並行してJOC強化スタッフ競歩コーチとして指導選手を世界陸上・五輪へ出場させる。世界陸上・五輪の日本向けTV放送解説も務める。NHK「ウォーカーズ~歩くことはスポーツだ~」のウォーキング監修&指導。

ページトップ

NEW CourseGuide