CourseGuide
全国旅歩きガイド

柳澤哲の「1000の道」第14回:多摩よこやまの道(10㎞)

2018年05月16日(水)
  • LINEシェアボタン

五輪選手が実際に歩いた!1000の道ウォーキングコースガイド

ウォーキングのプロである元競歩五輪選手が、実際に1000の道をウォーキング。
実際に歩いたからこそ分かるコースの魅力を皆さんにお伝えします!!

■第14回コース:多摩よこやまの道

コース概要:東京都 多摩市・町田市
コース距離:10㎞


▼実際にウォーキングしてみての、コースの楽しみポイント!▼

【コースお楽しみ度】 ★★★☆☆

○トレッキングコースらしい緑のトンネルをくぐり続ける
○尾根のコースなので、素晴らしい眺望

こんな方にお勧め!

○坂は苦手だがトレッキングを満喫したい
○自然を満喫しながらのんびり歩きたい

【コースの難易度】 ★★★☆☆(トレッキングコース)

トレッキングコースなので舗装されていないコースがほとんど。尾根を歩くので極端な坂は少ないが、楽ではない
トイレや休憩スペースもやや少ない印象

【周辺充実度】 ★☆☆☆☆

自然の中のコースなだけに利便性は低い
トレイも充実してないので、事前に済ませ給水や補食は持参して臨みたいコース

【最寄駅からコースまでのアクセス】 ★★☆☆☆

スタート地点までは結構な坂を登る必要があり、さらに若干距離もある。
ゴール後も最寄りの駅からは離れており、道自体は下りがメインだが、長く歩いた足にはかえって下りはこたえるかも

【少人数向け】

山道がメインなので、多くても3~4名程度の方が楽しく歩ける

【安全度】 ★★☆☆☆

数か所、車道を横断しなければならず、交通量もそこそこあるので気を付けたい
トレッキングコースならでは不整地なので、木の根などにつまずかぬよう転倒には要注意

「ペット」 可

※ペットの出すものは確実に処理を!

~スタート時~

気象状況 【快晴】
気温 【23度、丁度よい】
出発時間 【8:00】
コース歩破時間【およそ1時間50分】

多摩よこやまの道の東端。丘の上広場からスタート!



「よこやまの道」は案内板が充実しています。


ススキが綺麗に咲いていて空とのコントラストが美しい。


今回はトレッキングコースらしい木の根の張った道も。足元には気を付けたい。


独りがやっと通れる幅の道も、トレッキングコースならでは。


所々に階段もあります。
もちろん、疲れたらベンチで休める場所もあります。


眺望が良く、富士山も見える!


ただHPのマップだと一部分かりにくい場所も。
道が無いのに、コース指示があったりするのでご注意を!

とりあえずこの辺では、一本杉公園の古民家を目指してください。


ここも分かりにくいので左の散策路に進みます。この先の眺望はなかなか!


こんな橋を渡るのも楽しいです。


西洋のお城を感じさせる多摩市総合福祉センター。


見晴らしの良い坂を抜け、見事な枝のトンネルをくぐると…


多摩よこやまの道の西端、唐木田配水所にゴール

心地よい光が差し込む、ゴール地点へ到着!


■ウォーキング後の感想



サイトのMAPが一部分かりにくく、何度か迷いました。(苦笑)
距離は10㎞とあるが、迷った分11㎞になったか…。

コースとしては、楽しいコースでした。
ずっと山道を歩きたかったところですが、途中に市街地を歩かなければいけなかったのが少し残念。

施設(トイレ・休憩所)があまりないためウォーキングされる場合は入念に!

スタートまでの坂道とゴール後の駅までの道のりは少々大変ですが、気持ちよく歩けるコースです

※この記事は2017年に歩いた内容を記載しています。

ご紹介した「多摩よこやまの道(10㎞)【東京都 多摩市・町田市】」の詳細はこちら

▼1000の道を紹介している姉妹サイト「歩きんぐくらぶ」へ▼
https://alkg.jp/course/C113018


柳澤 哲

2000年 シドニー五輪代表20㎞競歩日本代表。
2001年 世界陸上エドモントン大会では20㎞競歩にて日本人初の7位入賞を果たす。
2002年 アジア大会釜山にて銅メダル。
2000年から2012年まで、13年間20㎞競歩日本記録保持者。
選手引退後は、各自治体や企業にて一般の方へのトレーニング・ウォーキング指導。並行してJOC強化スタッフ競歩コーチとして指導選手を世界陸上・五輪へ出場させる。世界陸上・五輪の日本向けTV放送解説も務める。NHK「ウォーカーズ~歩くことはスポーツだ~」のウォーキング監修&指導。

ページトップ

NEW CourseGuide