Beauty
美容

季節の変わり目は、「隠れ脱水」に要注意!

2018年05月21日(月)
  • LINEシェアボタン

季節の変わり目は、「隠れ脱水」に要注意!

気温も徐々に上がって来てウォーキングをしていてもじんわりと汗ばむ季節になりましたね。
まだ真夏ほど気温が高くなく、日差しも強く感じないために油断してしまいがちですが
暑い夏に向かうこの時期は脱水状態の一歩手前である、隠れ脱水になりやすい危険な時期でもあるのです。

今回は日常やウォーキング時に気を付けたい、脱水への対処法についてお話しします。

隠れ脱水とは?

夏になると意識的に水分補給をする様になりますが、夏以外の季節でも脱水症状は起こります。
春から夏にかけて気温が上がっているにも関わらずまだ寒い時期のイメージが残っているため、汗をかきやすくなっている実感がないこともしばしば。
いつの間にか体内の水分量が減ってしまうこの時期、隠れ脱水の症状に早めに気付くことも大切です。

体内の水分が不足すると口の中がねばねばしたり、唇が乾きやすくなったりします。また肌も水分が足らないため、カサカサと乾燥した状態になります。

この程度だとあまり深刻に捉えずに放置してしまう人も少なくないかもしれませんが、頭痛やめまい、吐き気などの明らかな脱水症状が出ていなくても、気付かないうちに脱水が進行してしまっている状態が隠れ脱水なのです。

肌の脱水も⁉ 自分で出来る対処法とは

水分を摂取してから体内に吸収されるまで30分ほどかかると言われています。ですから喉が渇いたと感じてから水分を摂取しても既に遅いというわけです。
日常生活においてもこまめな水分摂取が良いとされていますが、ウォーキングなどの運動時には運動を始める前に水分を摂取しておく必要があります。

ウォーキングでは、1時間に約1リットルの汗をかきます。
汗で体内の水分を失ってしまうため、ウォーキング時には飲料を携帯しこまめに水分を摂取することが脱水の予防につながります。飲料は体を冷やしてしまわないよう、常温の水や白湯が良いでしょう。大量の汗をかいた場合には、体に浸透しやすいスポーツドリンクがおススメです。

また同様に、肌の脱水予防もこまめな水分補給が大切です。肌は水分量が低下すると、皮脂を分泌し水分を保持しようとします。顔のテカリや化粧崩れが気になるという人は、隠れ脱水のサインかもしれません。化粧水などでたっぷりと水分補給し、しっかりと保湿を行いましょう。

いかがでしたか?まだ暑くないからと油断せず、こまめな水分補給とウォーキングなどの適度な運動で、美容と健康を保ちましょう。

鈴木 絢子/美容家

美容家・薬事法管理者。学生時代より美容ライターとして美容・ダイエットの研究にいそしみ、美容健康関連のコンサルティング経験は500社以上。新聞・雑誌・WEB媒体等の執筆活動をはじめ、テレビや雑誌、イベント等に“内外美容”の専門家として出演中。
BLOG:http://ameblo.jp/ayako810/

ページトップ

NEW Beauty