CourseGuide
全国旅歩きガイド

柳澤哲の「1000の道」第15回:寅さんの柴又帝釈天と水元公園へのみち(12㎞)

2018年05月23日(水)
  • LINEシェアボタン

五輪選手が実際に歩いた!1000の道ウォーキングコースガイド

ウォーキングのプロである元競歩五輪選手が、実際に1000の道をウォーキング。
実際に歩いたからこそ分かるコースの魅力を皆さんにお伝えします!!

■第15回コース:寅さんの柴又帝釈天と水元公園へのみち

コース概要:東京都 葛飾区
コース距離:12km


▼実際にウォーキングしてみての、コースの楽しみポイント!▼

【コースお楽しみ度】 ★★★★☆

○広い道が多くゆったり歩ける
○公園の緑や自然が美しい
○開放感あるコースがリラックスさせてくれる

こんな方にお勧め!

○広い道をのんびり歩きたい
○大人数でガヤガヤ歩きたい
○公園の緑を満喫したい

【コースの難易度】 ★★☆☆☆(ほぼ平坦も不整地が多い)

コース距離が長いので、初心者にはやや大変なコース
ただ、土手や公園がメインなので歩きやすい

【周辺充実度】 ★★★☆☆

参道・土手・公園内と休めるところも多く、駅近くや幹線近くを歩くのでコンビニもある。コース沿いにはおしゃれなカフェも。

【最寄駅からコースまでのアクセス】 ★★★★★

駅がスタート・ゴール

【大人数が楽しいコース】

細い道もあるが、整備がしっかりされているので、10名以上の大人数の方が楽しめそう

【安全度】 ★★☆☆☆

何度か信号のない道路を横断する。並木のある歩道は木の根で凸凹しており、古い舗装道路は道が剥げていて歩きにくく、気を付けたい

「ペット」 可だが…

距離が長いのでお勧めできない

~スタート時~

気象状況 【曇り】
気温 【15度】
出発時間 【8:15】
コース歩破時間【およそ1時間半】
※実際は2時間半~3時間

スタートの柴又駅、寅さん。このコースにふさわしいお見送り。



参道から帝釈天へ。
スタート時間が早かったので閑散と…。お店を見るなら10時以降のスタートがおすすめ。




江戸川の堤防を上がり、広々とした道をウォーキング。
ただし休日は自転車なども多くなるので気を付けたい。


堤防を降り都内最大規模の公園、水元公園へと向かう。
水元公園は93万㎡の敷地をほこり、とにかく広い!


外周の散策路も綺麗に整備されており、コースは安全


公園内の水辺・紅葉も美しい 。
ウォーキング当日はあいにくの曇りだったが、晴れている日の景色は一層美しいだろう。




もちろん売店も完備しているので、小腹が空いたらぜひ活用を!


大きな公園は災害時の避難場所になることも多いのでこんなものも…。


水元公園には野生のカワセミが!
写真愛好家の方たちがシャッターチャンスを狙ってます。
とても、この輪には入れない…。


水元公園を抜けると東京理科大学を通り、


金町駅でゴール!



■ウォーキング後の感想



平坦の道がほとんどでコースとしては歩きやすい。
水辺近くを常に歩く感じなので、冬は寒いが夏に歩くなら気持ちよさそう。

このコースのメインは、「水元公園」。
とにかく広いのでコース通りに囚われず、いろいろと散策したい。

スタートは柴又駅となっているが、金町駅をスタートにすれば最後が柴又帝釈天となるので、参道での食べ歩きはきっと楽しくなること間違いなし!

楽しみ方が広がるコースでした。

※この記事は2017年に歩いた内容を記載しています。

ご紹介した「寅さんの柴又帝釈天と水元公園へのみち(12㎞)【東京都 葛飾区】」の詳細はこちら

▼1000の道を紹介している姉妹サイト「歩きんぐくらぶ」へ▼
https://alkg.jp/course/C113003


柳澤 哲

2000年 シドニー五輪代表20㎞競歩日本代表。
2001年 世界陸上エドモントン大会では20㎞競歩にて日本人初の7位入賞を果たす。
2002年 アジア大会釜山にて銅メダル。
2000年から2012年まで、13年間20㎞競歩日本記録保持者。
選手引退後は、各自治体や企業にて一般の方へのトレーニング・ウォーキング指導。並行してJOC強化スタッフ競歩コーチとして指導選手を世界陸上・五輪へ出場させる。世界陸上・五輪の日本向けTV放送解説も務める。NHK「ウォーカーズ~歩くことはスポーツだ~」のウォーキング監修&指導。

ページトップ

NEW CourseGuide