CourseGuide
全国旅歩きガイド

柳澤哲の「1000の道」第16回:奥多摩むかし道(9.4㎞)

2018年05月30日(水)
  • LINEシェアボタン

五輪選手が実際に歩いた!1000の道ウォーキングコースガイド

ウォーキングのプロである元競歩五輪選手が、実際に1000の道をウォーキング。
実際に歩いたからこそ分かるコースの魅力を皆さんにお伝えします!!

■第16回コース:奥多摩むかし道

コース概要:東京都 奥多摩町
コース距離:9.4㎞


▼実際にウォーキングしてみての、コースの楽しみポイント!▼

【コースお楽しみ度】 ★★★☆☆

○古き良き日本の道を歩ける
○山間の集落を巡る楽しさ
○秋の紅葉が美しい

こんな方にお勧め!

○トレッキングを手軽にしてみたい
○山道は苦手だけど、挑戦してみたい
○昔の人の気分に浸りたい

【コースの難易度】 ★★★★☆(前半坂多し、後半は平坦)

コースは山道もあれば、舗装された道もある。山道でも舗装された道が多く、比較的歩きやすい
ただ登山道のような道もあるので、初心者には大変

【周辺充実度】 ★★☆☆☆

コース途中にも食処などがあるが、決して多くない
温泉もあるが少し足を伸ばす必要あり

【最寄駅からコースまでのアクセス】 ★★★☆☆

スタートは奥多摩駅なので良いが、ゴールの奥多摩湖からはバスでないと帰れない
本数もそれほど多くないが、「奥多摩水とみどりのふれあい館」があるので時間はつぶせる

【少人数向け】

山道もあるので、多くても3~4名程度の方が楽しく歩ける

【安全度】 ★★☆☆☆

車は通る道はほとんどないが、途中に狩猟解禁エリアを通るのでくれぐれもコースからは外れないように。猟犬と遭遇する可能性もあるので気を付けたい(11月~2月)

「ペット」 可

コース的に可能だが、処理には気を配りたい

~スタート時~

気象状況 【快晴】
気温 【10度、肌寒い】
出発時間 【8:00】
コース歩破時間【およそ1時間45分】
※通常は速くて2時間30分はみたい

スタートは奥多摩駅から

平日ではあったが登山客・ハイキング客で多く賑わい、外国の方もちらほら。


奥多摩むかし道はかなりしっかりとした標識が出ています。


今回のコースは紅葉の時期にはぜひ訪れたいコース。
11月下旬から12月上旬が目途。


昔あった鉄道の面影が…。


コースの所々に、祠やお地蔵さまが。
こういった昔ながらの景色が「むかし道」というタイトルに納得。




基本的には舗装された山道がメイン。
落ち葉が多いように見えますが、決して歩きにくくはありません。

ときどき、こんなちょっとした集落に出ます。
こんなところでの暮らしはどんなものだろうと思いを馳せます。


崖から一筋の滝も美しい。


コースの途中、石階段の先にある白髭神社。


中々長い階段ではあるが、少し頑張って寄り道したい。


上から見下ろす渓谷に映える紅葉もなんとも美しい。
弁慶の腕抜き岩、こんなエピソードがあるのもむかし道ならでは。


途中の公衆トイレも趣があり、中も衛生的でした。


「しだくら橋」HP上では5名までOKでしたが、実際に訪れてみると上から張り紙で3名に…。渡りませんでした。


道を進めば進むほど、紅葉も深まる。




ハイテクトレイが、こんな山奥に!
バイオの力(微生物)が処理をしてくれるので、キャパオーバーのときはロックが掛かり入れないようになっているそうな。


そして、コースの一部は狩猟解禁区域。くれぐれもコースから外れないように!

いよいよ奥多摩湖が見えてきました。


降りる道すがら、なぜか和式便器の山が…。


ゴールはMAP通りだと車道なので、この階段を上がるのがおすすめです。


ゴールの「水と緑の博物館」にも石の小径が。


緑の深さと湖の深さを感じられる、奥多摩湖に到着。



■ウォーキング後の感想



道は意外にも多くが舗装されおり歩きやすいが、山道もあるのでウォーキングというよりはトレッキングに近い。
実際の消費カロリーは1.2倍ほどあるかと思います。

コースはしっかりと整備されており、途中途中の山道はあるけれど多くの方に楽しんでほしいコース。
歩いていて所々で出会う山村は、古き良き日本を感じさせてくれます。

※この記事は2017年に歩いた内容を記載しています。

ご紹介した「奥多摩むかし道(9.4㎞)【東京都 奥多摩町】」の詳細はこちら

▼1000の道を紹介している姉妹サイト「歩きんぐくらぶ」へ▼
https://alkg.jp/course/C113002


柳澤 哲

2000年 シドニー五輪代表20㎞競歩日本代表。
2001年 世界陸上エドモントン大会では20㎞競歩にて日本人初の7位入賞を果たす。
2002年 アジア大会釜山にて銅メダル。
2000年から2012年まで、13年間20㎞競歩日本記録保持者。
選手引退後は、各自治体や企業にて一般の方へのトレーニング・ウォーキング指導。並行してJOC強化スタッフ競歩コーチとして指導選手を世界陸上・五輪へ出場させる。世界陸上・五輪の日本向けTV放送解説も務める。NHK「ウォーカーズ~歩くことはスポーツだ~」のウォーキング監修&指導。

ページトップ

NEW CourseGuide