CourseGuide
全国旅歩きガイド

柳澤哲の「1000の道」ウォーキングコースガイド こくぶんじ恋の道(5km)【東京都国分寺市】

2017年10月12日(木)
  • LINEシェアボタン
ウォーキングのプロである元競歩五輪選手が、実際に1000の道をウォーキング 実際に歩いたからこそ分かるコースの魅力を皆さんにお伝えします!!

☆の評価は5つが最高 実際にウォーキングしてみての、コースの楽しみポイント!
【コースお楽しみ度】☆☆☆
○国分寺の歴史に触れる
○お鷹の小径は、史跡あり、小さな川あり癒される
【こんな方にお勧め】
○手軽にウォーキングをしたい
○歴史の風を感じたい
【コースの難易度】☆☆
(ほぼ平坦も最後に急坂) 最後に急坂があるのと、ちょっと入り組んだコースになっており道に迷いやすい。
【周辺充実度】☆☆☆
国分寺・西国分寺の駅周辺を歩くのでお店が充実 ちょっと離れた市街地にも、お蕎麦屋さんがあり入ってみたい!
【最寄駅からコースまでのアクセス】☆☆☆☆☆
駅がスタート・ゴール
【少人数がお勧め】
交通量もあり、特に歩道として整備されていない場所も歩くの少人数がお勧め
【安全度】☆☆
交通量は無いが、歩道がしっかり整備されていない場所も歩く 駅前の人込みの中も歩くので、気を付けたい 「ペット」 可だが・・・ 舗装された道路がメイン、あまりお勧めできない ~スタート時~
【気象状況】
快晴
【気温】
20度、丁度よい
【出発時間】
11:00
【コース歩破時間】
およそ1時間※通常は2時間前後(歩行平均速度時速5㎞換算)

【スタート】
国分寺駅よりスタート 大学も近くにあるので賑わってます マンションの一角が整備され綺麗な歩道に!
共有スペースとなってます。


線路を超えるとしっかりと分離された歩道 小さな子供でも安全ですがこの一角だけなのが残念。




姿見の池へ。


池を抜けると気持ちの良い小道に。


西国分寺駅に着くと・・・ コースは駅中を通るという大胆なコース(笑)


ガラッと変わって住宅街の道を開放している 国分寺史跡通りへ。


武蔵国分寺尼寺跡へ。まさに跡という感じで、台座のみが残る。


歴史と風情を感じさせる お鷹の道遊歩道。


所々にお蕎麦屋さんあり、ぜひ立ち寄りたい!


国分寺駅を過ぎて、少し行った殿ヶ谷戸庭園がゴール!

このコースの最大の見どころは何といっても中盤にある「お鷹の道 遊歩道」周辺の史跡巡り。これだけを見るためだけで、歩く価値は充分。歴史ある小道を歩くだけで、江戸時代にタイムスリップしたようなそんな風情に囲まれながら歩いている感覚になる。最後にある強烈な坂はご愛嬌(笑)

ご紹介した「こくぶんじ恋の道」の詳細はこちら
1000の道を紹介している姉妹サイト「歩きんぐくらぶ」へ
https://alkg.jp/course/C113006
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<柳澤 哲>
2000年 シドニー五輪代表20㎞競歩日本代表。
2001年 世界陸上エドモントン大会では20㎞競歩にて日本人初の7位入賞を果たす。
2002年 アジア大会釜山にて銅メダル。
2000年から2012年まで、13年間20㎞競歩日本記録保持者。
選手引退後は、各自治体や企業にて一般の方へのトレーニング・ウォーキング指導。並行してJOC強化スタッフ競歩コーチとして指導選手を世界陸上・五輪へ出場させる。世界陸上・五輪の日本向けTV放送解説も務める。NHK「ウォーカーズ~歩くことはスポーツだ~」のウォーキング監修&指導。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
開催地 東京都

ページトップ

NEW CourseGuide