Diet
ダイエット

雨でも上手に体重を減らすには・・・「筋膜リリース」で可動性&代謝アップ

2018年07月11日(水)
  • LINEシェアボタン

雨でも上手に体重を減らすには・・・「筋膜リリース」で可動性&代謝アップ

雨の日は、ウォーキングをはじめとする屋外での運動が億劫になってしまい、せっかくのダイエットも一時中断なんてことになりがちです。ダイエットは継続が大切。この季節をどう過ごすかは、ダイエットの成功を左右するといっても過言ではありません。

では、雨の季節でも上手に体重を減らしていくにはどうしたらよいのでしょうか。

筋膜リリースで代謝のよい体に

筋膜は、皮膚が体の外側を覆っているように、頭のてっぺんから足の先までネット上の繊維で覆い、体の内側の筋肉・骨・内臓・神経・血管などを支えているもの。簡単に言うと、筋肉の周囲の膜のことで、鶏肉の皮をはがすときに見られる薄い膜をイメージしてもらうとわかりやすいでしょう。

この筋膜が、姿勢の問題や体の使い方、冷えなどによって短縮してしまうと、可動性が低下して関節運動に制限が出たり、リンパの流れが悪くなって代謝が下がったりするのです。

そうならないためにも、筋膜リリースをして代謝の高い状態(痩せやすい状態)を維持しましょう。

90秒以上かけて伸ばしていく

筋膜リリースのポイントは、短縮した筋膜を90秒以上の時間をかけて伸張していくことです。例えば、肩甲骨の動きを意識して腕を上にグーッと伸ばす、床に座って前屈をするなども筋膜リリースのひとつ。

これまでウォーキングをしてきた方や、梅雨の晴れ間にウォーキングを再開したいと思っている方、毎日の通勤・通学時間をウォーキングにあてている方は、体の左右のバランスを保ち、歩行の際に重要となる体側・サイドラインの筋膜をリリースしてあげるとよいでしょう。



サイドラインの筋膜リリース法

(1)床にひざ立ちになり、右足を横に伸ばす
(2)息を吸いながら左腕を真上に伸ばし、吐きながら上体を右に倒し、ゆっくりと呼吸を繰り返す
(3)ひざ立ちの姿勢に戻ったら、反対側も同様におこなう

指先まで意識を向け、体側の気持ちよい伸びを感じながらまずは5呼吸を目安におこなってみましょう。

筋膜がホロホロとほぐれてきてリンパの流れが改善。代謝・関節の可動性もアップして、ウォーキングをより効果的におこなう体が整ってきます。

ただし、このリリース法のみをおこなうのではなく、自分が気持ちよいなと感じるストレッチと合わせて取り入れることがオススメです。ウォーキングができない日に筋膜リリースやストレッチのみをおこなうのもよいでしょう。

高木沙織/ヨガインストラクター

2度の海外留学を経て、航空会社で勤務。退職後は、「まずは自分が試してみる!」という実践美容をモットーに、フットワークの軽さと行動力を生かして、美容ライターとして活動。2016年からはヨガインストラクターの活動も開始。多角的に美容・健康をサポートする。
BLOG:http://ameblo.jp/0293tg/

ページトップ

NEW Diet