Beauty
美容

夏本番!この時期必須の紫外線対策とは

2018年07月18日(水)
  • LINEシェアボタン

夏本番!この時期必須の紫外線対策とは

梅雨が明けてウォーキングもしやすい季節になりましたね。
屋外で活動する機会も多くなりますが、夏の紫外線量は冬の2倍程にもなるといわれています。特に7月は1年の中で最も紫外線量が多くなるため、ウォーキングをする際にも注意が必要です。

今回は、この時期に適した紫外線対策についてお話します。

夏のウォーキングに適した時間帯は?

10時~15時の間は最も紫外線量が多く、15分程で早朝や夕方の3時間分にも相当する紫外線量を浴びることになります。ですから、ウォーキングをするなら出来るだけ日中は避け、早朝や夕夜間の紫外線量が少ない時間を選びましょう。
また日差しや暑さも緩和されるため、日射病や熱中症などの予防にもつながります。

日焼け止めの選び方

日焼け止めに表示されている「SPF」や「PA」という表示をご存じですか?

「SPF」は、赤みや炎症を引き起こす“UV-B”を防ぐ効果指数で、1~50までの数値で表示されます。“UV-B”は4月から9月は特に注意が必要で、7月が特に多いと言われています。

「PA」は、一時的な黒化を引き起こし日々蓄積され、長い時間をかけてシワやたるみの原因となる“UV-A”を防ぐ効果を表す目安で、「+」4段階で表示されます。“UV-A”は1年を通して注意が必要で、こちらも7月が特に多いと言われています。
日焼けをすると黒くなりやすい人は、PAの効果が高い物を選ぶと良いでしょう。

ただ直接肌に塗布するものなので、自分の肌質や用途に合った日焼け止めを選びましょう。最高値は、「SPF50/PA++++」ですが、短時間のウォーキングでしたらそこまで強いものでなくても大丈夫です。
ただウォーキング中は、汗をかいたりして日焼け止めが流れてしまうことがあるため、水や汗に強いウォータープルーフのものを選ぶと良いでしょう。

いかがでしたか?紫外線の影響は日々蓄積され、長い時間をかけて肌に現れます。
こまめなケアを忘れずに夏のウォーキングを楽しみつつ、将来の美肌と健康を目指しましょう。

鈴木 絢子/美容家

美容家・薬事法管理者。学生時代より美容ライターとして美容・ダイエットの研究にいそしみ、美容健康関連のコンサルティング経験は500社以上。新聞・雑誌・WEB媒体等の執筆活動をはじめ、テレビや雑誌、イベント等に“内外美容”の専門家として出演中。
BLOG:http://ameblo.jp/ayako810/

ページトップ

NEW Beauty