Diet
ダイエット

ダイエットからの回復期の心と体に効かせるウォーキング方法【後編】

2018年09月05日(水)
  • LINEシェアボタン
前回は、ダイエット終了後にリバウンドや体調不良を起こさないための食事・運動のコツをお伝えしました。
後編の今回は、ダイエット回復期の心・体に効かせるウォーキングの方法について紹介していきたいと思います。

■リラックス効果を高めるウォーキング法



ダイエット中の心の状態は、「食欲を我慢しなくては」「運動をしなくては」「絶対に痩せなくては」など
我慢や義務感で満たされています。ストレスも溜まりますよね。

そしてダイエットが終了するとそれが解放感で満たされるでしょう。
ですが、心のどこかでは「こんなに食べてしまっていいのだろうか」「また太ってしまう」と、
罪悪感も湧いてきて複雑で不安定に。

そんな心を静めて穏やかにするには「呼吸に意識を向ける」ウォーキングがオススメです。
ゆっくりと深い呼吸を繰り返すと、副交感神経が刺激されてリラックス効果が得られます。
特に、吸う息よりも吐く息を長くするとよりその効果が高まるので、歩きながら意識してみてください。

ゆっくりとした呼吸が難しいという方は、ちょっとした空き時間などを使って練習してみると良いですよ。

■スタスタ歩くよりもゆっくりと



前編では、ダイエット終了後のリバウンドを防ぐためにもウォーキングをすることをオススメしました。

ダイエット中のエネルギー消費を狙ったウォーキングでは、
腕を大きく振ってやや速く歩くことが推奨されていますが、
ダイエット後の頑張った体を癒すにはゆっくりと歩くのが良いでしょう。
目に入ってくる景色を楽しんだり、肌に触れる風を感じたり、気持ち良いと感じられるペースで楽しんで。

急激な運動不足になるのを防ぐことができるし、
心身ともにリラックスした状態を維持し暴飲暴食の予防をするのにも一役買ってくれるはずです。
ダイエット終了後は「必ずと言っていいほどリバウンドしてしまう」「心身ともに疲れ切ってしまう」と
いう方は、頑張った心と体を癒すようなウォーキングを取り入れてみてください。

高木 沙織/ヨガインストラクター
2度の海外留学を経て、航空会社で勤務。退職後は、「まずは自分が試してみる!」という実践美容をモットーに、フットワークの軽さと行動力を生かして、美容ライターとして活動。2016年からはヨガインストラクターの活動も開始。多角的に美容・健康をサポートする。
BLOG:http://ameblo.jp/0293tg/

ページトップ

NEW Diet