Beauty
美容

初秋は夏の疲れを癒やす季節

2018年09月19日(水)
  • LINEシェアボタン
今年の夏は、本当に大変な暑さが続きましたね。
エアコンの効いた室内で過ごす事も多かったのではないでしょうか。
日中はまだ夏の陽気ですが、朝晩は秋風も感じられる様になって来たこの時期、
夏の間お休みしていた人も少しずつウォーキングを再開して行けると良いですね。

今回は、秋の初めに行いたい美容対策についてお話します。

■秋の肌トラブルは、保湿が必須

カサつき、シミ、小じわ、ニキビ、くすみなど、夏に受けた強烈な紫外線による
肌トラブルに悩む人も多いこの時期。
夏の紫外線はどんなに頑張って予防しても完全に防ぐことは出来ません。
受けてしまった肌ダメージは、今のうちにしっかりケアしましょう。
特にエアコンが大活躍した今年は、紫外線・強い日焼け止め・発汗など、
夏ならではの乾燥に加えエアコンによる乾燥も肌トラブルの大きな原因となっています。

また忘れがちなのが、首やデコルテのケアです。
帰宅したら、首元だけ真っ赤に日焼けしていたという経験のある人も多いのではないでしょうか。
特に首はかさつきが出やすい箇所でもあります。
年齢が出ると言われる首やデコルテは、顔と同様、特にしっかり保湿をしてあげましょう。

■むくみは太る原因にも!

この時期、朝起きたら顔がむくんでパンパンだったとか、足がむくんで靴がキツい、
何だか一日中だるいといった症状に悩まされている人も多いのではないでしょうか。
夏場は水分を大量に摂取しても過剰に摂取した分は発汗によって排出されていましたが、
秋になると日中まだ暑くても空気も乾燥し始め朝晩は気温が一気に下がるため、
発汗し難く体内の水分が排出され辛くなります。
夏と同じように水分を摂取していると、過剰に摂取した水分が体に溜まってむくみやすくなるのです。
むくみを放っておくとそこに脂肪がつきやすくなるため、太る原因となってしまいます。
体に溜まった余計な水分を排出するためには、ウォーキングなどの有酸素運動を行うことが効果的です。

夏の肌疲れを放っておくとこれからの季節、乾燥によって更にダメージを受けることになってしまいます。
体の不調も今のうちに整え夏の疲れを引きずらないよう、しっかりリセットしておきましょう。

鈴木 絢子/美容家

美容家・薬事法管理者。学生時代より美容ライターとして美容・ダイエットの研究にいそしみ、
美容健康関連のコンサルティング経験は500社以上。新聞・雑誌・WEB媒体等の執筆活動をはじめ、
テレビや雑誌、イベント等に“内外美容”の専門家として出演中。

BLOG:http://ameblo.jp/ayako810/

ページトップ

NEW Beauty