Beauty
美容

ウォーキングで肌が荒れる!? 気をつけたい4つの落とし穴

2018年11月07日(水)
  • LINEシェアボタン


美と健康のために始めたウォーキング。
それなのに、肌が荒れてきた!? 実はこれ、よくある話なのです。
ただ歩いているだけなのに、何が肌によくないのでしょうか。
今回は、ウォーキングで肌が荒れる4つの原因を解説します。

■ウォーキングで肌が荒れるNG行動4つ
意識していない人が多い、4つの落とし穴。あなたもやってしまっているかも!?

(1)ウォーキング後、すぐに洗顔をしない


たとえ涼しいシーズンでも、ウォーキングしたあとは汗ばむもの。
タオルで押さえるほどではなくても、汗はかいています。

汗疹ができることからも想像できるように、汗は肌トラブルの原因。
汗をそのままにしてしまうと肌がアルカリ性に傾き、細菌が繁殖しやすい状態になるのです。

とくに肌が乾燥してバリア機能が弱い状態だと、
汗の塩分や細菌などが刺激になって、かゆみやニキビなどのトラブルが出やすくなります。
ウォーキングした後は、時間を置かずに洗顔するようにしましょう。

(2)素肌で道路沿いを歩いている

ほこりや排気ガスなどが付着するのも、肌トラブルのもと。
汗ばむ肌は、より汚れを吸い寄せてしまうので要注意です。

「汗をかくから……」と、ノーメイクで歩く方もいるかもしれませんが、
肌を守るためにはメイクをしていた方が安心。
おしろいだけでもよいので、肌をヴェールで包んでおきましょう。

また、大気汚染などに対応したスキンケアやメイクアイテムもあります。
道路沿いを歩いている方は、ぜひ活用して。

(3)日焼け対策が不十分



日中にウォーキングする場合、日焼け対策はマストです。
せっかく歩いても、シミが増えてしまっては残念。
欠かさず塗るようにし、汗を拭いたり長時間歩いたりするときには、塗り直すようにしましょう。

(4)スポーツドリンクを飲む

スポーツドリンクで水分補給している方は、糖分が多いので気をつけて。
アミノ酸やミネラルなど、必要なものを補える利点はあるものの、肌の糖化やその他のトラブル、
体重増加にも繋がってしまうことがあります。

ウォーキング程度の軽い運動の場合、激しい運動と比べると、
糖分の補給はさほど必要ではありません。水やお茶でも大丈夫でしょう。

代謝を上げてキレイになるはずが、肌トラブルが増えてはショック。
今日から4つのポイントに注意して、ウォーキングでキレイを手に入れてくださいね!

ページトップ

NEW Beauty