Blog
健康

なぜ、人は100km歩くのか?歩いた先にあるものは?〜つくば100kmウォークサポート活動報告〜

2019年05月27日(月)
  • LINEシェアボタン
先日、5月25日(土)〜26日(日)に茨城県で行われた"つくば100kmウォーク"(URL:https://www.tsukubarinrin100.com)にて、ウォーキング療法士として
80km地点のエイドポイントで、ボディケアのボランティアで参加させていただきました。

スタートとゴール地点からは、絶景の筑波山が応援。







今回は、5月としては記録的は真夏日!!!!
つくばの最高気温は、34℃にもなったようです。。。
ホント、参加された皆さんには頭が下がります。

熱中症対策は必須ですね。

80kmを歩いてきた体のケアの重要性

今回も、ウォーキング療法士として、
80km地点でボディケアに入らせていただきました。

深夜0時を過ぎて、エイド(ボディケア)ブースのセッティングを終え、



午前3時が近づく頃から、ウォーカーのみなさんがどどっとエイドブースにいらっしゃって、



そこから午前7時までの約4時間ぶっ通しで、ケアをさせていただきました。



非常にエキサイティングな時間であるなと振り返っております(笑)。

そして、今回はなんと80km地点でケアを受けられてゴールされた方が、わざわざエイドブースに戻ってきてくださって、
「あそこでケアしてくれたおかげで、自分でもびっくりするくらい楽に100kmまで行けることが出来ました!
ありがとうございました!」とお言葉をくださいました。



これは本当に嬉しかったですよね。サポート冥利に尽きます。

やはり、100km歩くということは尋常ではないとは思いますので、
体としては、80km地点などでは、ケアを受けられるのであれば、
受けていただくことをおすすめいたします。

動きや体のバランスが崩れてしまっていると思いますので、
一旦リセットして最後に向かって行って欲しいです。

もちろん、超ベテランの方は自分のコンディションは自分が一番分かる!というのもあるかと思いますが、
正直大変だ。。。という方には、ぜひおすすめです。

また、今回80km地点では、
ゴールをイメージして欲しいという思いで、お手製のプロップスを使って写真を撮らせていただきました。







これもプレッシャーにもなるか(笑)と思いましたが、喜んでいただけていれば何よりです。

ひとはなぜ100kmを歩くのか???

今回、ケアをさせていただいた方に質問しました。
単刀直入に、、、


 なぜ、100km歩こうと思ったんですか?


そうすると、、、

「達成感かな」
「100km歩いてみたら、なにか変わるかなと思って」
「職場のチームで出るから、なんとなく(笑)」
「いい人に出会えるかなと思って(笑)」
「歩いてみないとわからないよね。」
「100km無理だと思ってたけど、歩けたらまた次に挑戦したいと思って。」

と答えは様々ですが、
基本、皆さんとても前向きですね(笑)ポジティブ。
そして、何よりも自分よくやったぞという【達成感】でしょうか。

ゴールされた方はみなさんとてもいい表情をされています。



ポスターにも、「自分の限界に挑戦」というフレーズがありますが、
まさしく自分を超える瞬間には、言葉にならないような感動があるのではないでしょうか。
(ぜひ、来年は自分も経験します。宣言。)

100kmウォークはホスピテリィの塊



北関東3大ウォークの事務局をされている皆さんです。
今回3大会に参加させていただきましたが、どの大会でもサポートするボランティアの皆さんの細やかな心配り、ホスピタリティの素晴らしさに驚かされます。

みなさんそれぞれの本業がありながらも、たくさんの時間も想いも費やしてこられてきたというところにも感動します。今回も微力ながらにも関わらせていただいたことを嬉しく思います。
今回も貴重な経験をさせていただき、ありがとうございました。

最後にボディケアに参加したウォーキング療法士で一枚。


また、来年もよろしくお願いいたします!

ウォーキング療法士 渡邉 哲

ページトップ

NEW Blog